アロマテラピーメニュー:アロマの楽しみ方、効能別一覧、ブレンドレシピなどアロマテラピーTOP
精油一覧キャリアオイルブレンドレシピ
効能別一覧愉しみ方香り別一覧
ボトル蒸留方法

ご注文はページ下のカートからショッピングカート
各精油に直接ジャンプ!
ラベンダー
ラベンダー
Lavandula angustifolium
名称ラベンダー
英語名Lavender
学名Lavandula angustifolium
採油部分葉、花
抽出方法水蒸気蒸留
シソ科(Lamiaceae/Labiatae)
別名True lavender; L.vera; L.officinalis; Garden lavender; Common lavender
主産国フランス、イギリス
香りの系統 フローラル系
   穏やかで深みのあるフローラル調の香り
香りのノートミドル
特徴

数ある精油の中で、もっとも多目的で、もっとも有用なオイルと言われています。その香りのよさと効能から昔から愛用されてきたハーブで、ローマ人たちがラベンダーをお風呂のお湯に入れて使ったため、「洗う」という意味のラテン語「lavare」から、ラベンダーの名が付けられたと言われています。

フローラル調の香りが、不安な気持ちや緊張をほぐし、非常にリラックスした気分にしてくれます。中枢神経のバランスをとり血圧を下げる効果があるので、不眠などに特に良いでしょう。

細胞成長効果や殺菌作用があるので、スキンケアに適しており、火傷、日焼け肌、ニキビ、湿疹などの肌トラブルにも非常に効果的です。

その他、皮脂バランスをとる効果、痛みを鎮めて筋肉を和らげる効果(筋肉痛や頭痛など)、鎮静作用(咳などを鎮める)、消化を助ける効果など、他にも数多くの効能があり、まさにオールマイティーな万能精油と言えるでしょう。

オイルの主成分である Linalyl acetate (酢酸リナリル)が、神経に対してリラックスを促がす成分ですが、この含有量によってラベンダーのグレードが変わってきます。通常、高地で採れるラベンダーほどこの含有量が高くなります。

この含有量は通常40%前後ですが、当店のラベンダーは「ラベンダー40/42」と呼ばれるもので、これは酢酸リナリルの含有量が40-42%であることを保証したものです。他にも一般的なラベンダーのグレードとして38/40、50/52がありますが、50/52は通常「ラベンダー高山種(Lavender High Alpine)」として、もっとも高価なオイルとなります。

アロマセラピーに用いられるラベンダーには、この真正ラベンダー、ラベンダー高山種の他に、カンファーを多く含む種であるスパイク・ラベンダー、さらにこのスパイク・ラベンダーと真正ラベンダーを掛け合わせたラバンディンがあります。

またラベンダーの蒸留過程で得られた{ラベンダーウォーター}も人気があります。



オイル効能別一覧より逆引き  − 大まかな精油効能の傾向の参考になさってください
※リストアップの精度により、精油によって項目量に差があります。項目が少ないからといって効能が少ないと限らないことをご了承ください

不安な気持ち   憂鬱な気分   鬱   ストレスや神経の緊張を和らげる   不眠症   ショック状態   目まい   
オイリー肌   乾燥、敏感肌   シワ、老化肌   にきび   瘢痕・妊娠線   シミ   うっ血、つやのない肌   日焼けした肌   ヘアケア(オイリー)   ヘアケア(ドライ)   
アレルギー   発疹・じんましん   水虫   フケ   湿疹(アトピー)   水膨れ   打ち身   腫れてヒリヒリする肌   皮膚炎   軽い擦り傷・切り傷   火傷   虫さされ   乾癬   疥癬   
偏頭痛   頭痛   耳痛   
ねんざ・筋違い   筋肉痛、けいれん、硬直   リウマチ   腰痛   高血圧   セリュライト・水ぶとり   
疝痛・コリック   過敏性腸症候群   激しい腹痛・さしこみ   消化不良・お腹の張り   むかつき・吐き気   
風邪・インフルエンザ   喘息   気管支炎   カタル   百日咳   喉頭炎・喉枯れ   喉の痛み   
月経困難症・ひどい生理痛   月経前緊張症   出産時の痛みを和らげる   
花粉症   二日酔い   時差ぼけ   口臭   虫よけ   
注意事項特になし
相性のよいオイルベルガモットクローブシダーウッドパインローズマリーユーカリベティバーパチュリクラリセージローズジャスミンゼラニウムなど。柑橘系やフローラル系のオイルが特に合いますが、基本的にどのオイルとも良く合います。 (順不同)
店長コメント

アロマセラピーといえば先ずラベンダーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。ラベンダーは市販の癒しグッズにも良く用いられている、もっとも名の知れたエッセンシャルオイルのひとつです。

リラックス効果に焦点が当てられることの多いラベンダーですが、市販の火傷の薬に配合されることからもわかるように、皮膚の再生を促す作用があるのでスキンケアに、また鎮痛作用があるので頭痛の常備薬としても役に立ちます。

実用性と香りの良さを兼ね備えたラベンダー、「無人島に一つだけ精油を持ってゆけるとしたら?」という質問があれば、必ず候補にあがるでしょう。

ラベンダーの香りはクセがなく、どんな精油とも合うので、アロマポットや香水で香りを楽しむほか、化粧水に、リネンウォターに、エアーフレッシュナーにと、用途を選びません。

ラベンダーはティーツリーと並んで、肌に直接つけることのできる数少ない精油のひとつで、火傷の治療などには直接つけるという方法もありますが、肌の弱い方は水やオイルなどで薄めたほうが安心です。

惜しみなく使えるよう、40/42ラベンダーには20mlのボトルもご用意しました。

各精油に直接ジャンプ!
(C)Angeldom 著作権エンジェルダム
アロマセラピーは医療に替わるものではありません。身体に異常がある場合は必ずお医者様の指示をあおいでください。
ご使用にあたっては必ず「使用上の注意」をお読みになり、注意事項を守ってご自分の責任においてご使用ください。
当サイト記載の記事はすべて、お客様に対する情報の提供のみを目的としています。個人の責任において精油を使用したことで起こりえる事態の責任は負いかねますので何卒ご了承くださいませ。

「エンジェルダム」では100%ピュアな精油を販売しています。安心してお買い求めください。
通常在庫品
品番名称学名原産国容量価格数量
EO9030-05 ラベンダー Lavandula angustifolium フランス 5ml 890円
EO9030-10 10ml 1,160円
EO9030-20 20ml 1,880円
カートの内容を確認する
各精油に直接ジャンプ!
精油一覧のページへ


HOME | 直前のページに戻る | このページのトップに戻る

ご意見、ご感想、質問、リクエストなどございましたら、上記の「お問い合わせ」メニューあるいはメール(info@angeldom.com )でお気軽にお問い合わせください。
アロマテラピーの店:カナダの「エンジェルダム」