アロマテラピーメニュー:アロマの楽しみ方、効能別一覧、ブレンドレシピなどアロマテラピーTOP
精油一覧キャリアオイルブレンドレシピ
効能別一覧愉しみ方香り別一覧
ボトル蒸留方法

ご注文はページ下のカートからショッピングカート
各精油に直接ジャンプ!
ペパーミント
ペパーミント
"from Koehler's Medicinal-Plants, Franz Eugen Koehler, 1887 "
名称ペパーミント
英語名Peppermint
学名Mentha piperita
採油部分
抽出方法水蒸気蒸留
シソ科(Lamiaceae/Labiatae)
別名Brandy mint; Balm mint
主産国アメリカ、イギリス、フランス
香りの系統 ミント系
   メントールの鋭く涼しい香り
香りのノートトップ
特徴

ガムやマウスウォッシュなどでおなじみのメントールの鋭く涼しい香りのオイルで、怒りやヒステリーを鎮め、気持ちをリフレッシュさせる働きがあります。頭痛のとき、疲れたとき、乗り物酔いなどのときに匂いをかぐとスッキリします。

急性の消化器系統の症状を改善するので、吐き気、下痢、消化不良、腸過敏症などに効果を発揮します。またバクテリアやウィルスを殺す働きもあるので、部屋のフレッシュナーにも良いでしょう。

刺激の強いオイルなので、くれぐれも使用量には気をつけてください。



オイル効能別一覧より逆引き  − 大まかな精油効能の傾向の参考になさってください
※リストアップの精度により、精油によって項目量に差があります。項目が少ないからといって効能が少ないと限らないことをご了承ください

神経の疲れからくる衰弱感   ストレスや神経の緊張を和らげる   目まい   
にきび   うっ血、つやのない肌   
皮膚炎   白癬   疥癬   
偏頭痛   頭痛   歯痛   神経痛・坐骨神経痛   
疝痛・コリック   激しい腹痛・さしこみ   消化不良・お腹の張り   むかつき・吐き気   
喘息   気管支炎   カタル   慢性咳   副鼻腔炎   
口臭   
注意事項
  • 刺激が強いので妊娠中(特に初期)・授乳中は避けたほうが良いでしょう。
  • 肌に刺激を感じる場合があります。肌の弱い方は特に、十分に希釈し(1%未満)少量のみ使用してください。
  • 粘膜を刺激するので、目の周りなどには使わないでください。
  • ホメオパシー治療中の方は使用を避けてください。
  • 相性のよいオイルジュニパーベリーベンゾインローズマリーラベンダーマジョラムレモンユーカリグレープフルーツサイプレスシダーウッドニアウリパインマンダリンバジルベルガモットカユプテライムスペアミントタイム(順不同)
    店長コメント古代ではもともと日本や中国などのアジアに自生していたペパーミント。日本でもハッカ(薄荷)として有名です。特に日本産のペパーミントはメントールの含有量が高いため Japanese peppermint として別に売られていることがあります。
    各精油に直接ジャンプ!
    (C)Angeldom 著作権エンジェルダム
    アロマセラピーは医療に替わるものではありません。身体に異常がある場合は必ずお医者様の指示をあおいでください。
    ご使用にあたっては必ず「使用上の注意」をお読みになり、注意事項を守ってご自分の責任においてご使用ください。
    当サイト記載の記事はすべて、お客様に対する情報の提供のみを目的としています。個人の責任において精油を使用したことで起こりえる事態の責任は負いかねますので何卒ご了承くださいませ。

    「エンジェルダム」では100%ピュアな精油を販売しています。安心してお買い求めください。
    通常在庫品
    品番名称学名原産国容量価格数量
    EO6130-05 ペパーミント Mentha piperita アメリカ合衆国 5ml 600円
    EO6130-10 10ml 990円
    カートの内容を確認する
    各精油に直接ジャンプ!
    精油一覧のページへ


    HOME | 直前のページに戻る | このページのトップに戻る

    ご意見、ご感想、質問、リクエストなどございましたら、上記の「お問い合わせ」メニューあるいはメール(info@angeldom.com )でお気軽にお問い合わせください。
    アロマテラピーの店:カナダの「エンジェルダム」